ご予約
お問い合わせ

どうぞお気軽にお電話ください!

経絡治療とは

  • HOME
  • 経絡治療とは

当院の行う古典鍼灸「経絡治療」とは?

当院の行う古典鍼灸「経絡治療」とは?


東洋医学の健康観

 東洋医学の考え方では、「気」(き)は人体を構成する物質の元であり、人が活動する上で欠かすことのできない生命エネルギーです。また、気が集まって変化したものが「血」(けつ)です。気と血は、全身に張り巡らされた「経絡」(けいらく)と呼ばれるルートを循環しており、経穴(けいけつ=ツボ)のある体表付近だけでなく、五臓六腑(ごぞうろっぷ=内臓)など体の奥深くにも生命エネルギーと栄養物質を行きわたらせています。この全身を巡る気血の働きにより私たちは正常な生命活動を営むことができています。しかし、何らかの原因で気血の流れが悪くなったり不足したりすれば、健康を保てなくなり病気にかかりやすくなるわけです。このように不調はあるけどまだハッキリ病気とは言い難い状態を東洋医学では「未病」と呼んでいます。


東洋医学における病気の原因

 気血の流れが正常でなくなる原因は、まず七情(怒・喜・思・悲・憂・恐・驚)の乱れ=精神的ストレスが持続している状態です。これにより経絡を流れる気血に滞りや不足(虚)が発生します。滞りや虚の状態が放置されると、気候変動(風・暑・湿・燥・寒=外邪)に遭った時に体が上手く反応できなくなり、これによって気血の病的な過剰(実)が起こる場合があります。このような気血の過不足=虚実(バランスの崩れ)は、食事の不摂生や運動不足、以前に受けた怪我や病気によっても起こります。
 もし、今これを読んでいるあなたに肩こり・腰痛といった症状があるとしたなら、その表面的な症状は、あなたの身体の内側にバランスの崩れがあり、そのことを知らせてくれる警告サインなのかもしれません。そのような内側の乱れのサインに気づいたら、やがて重大な疾患に結びつく前に、つまり「未病」のうちに根本的な治療を受けられることをお勧めいたします。


バランスを回復する施術

 東洋医学では、陰陽(臓と腑の表裏関係)と五行(木火土金水に対応する五臓の相互関係)が様々に影響を与え合い、最適なバランスを保つことで生命力(=自然治癒力)を高めていると考えます。五臓(肝・心・脾・肺・腎)と六腑(胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)は、私たちの体で、呼吸、飲食物の消化・吸収、気血の生成・循環、不要物の排泄、免疫といった機能を果たしています。多くは西洋医学の内臓と同じ名前を持ち、機能的にも重なる部分が多いのですが、これらは臓器そのものではなく、それぞれの臓器が果たす機能に「肝」や「腎」といった名称がついているものだと考えてください。また五臓六腑に注ぐ気血のルート(経絡)には、肝経・腎経、あるいは胃経・三焦経といったように各臓腑の名前がついています。この五臓六腑を相互につないで全身に気血を巡らせている経絡に気血の虚実(アンバランス)が起こって病気が起こることは上記したとおりです。このアンバランスを的確に診察し、過不足を整えるための治療方針(=証)を立て、ふさわしいツボ(経穴)を選び、微細な鍼(はり)の操作で「気」を整える施術を行うのが、当院で行う経絡治療です。

経絡治療の臨床

 経絡治療の臨床では、治療方針(=証)を立てる段階から治療の終了まで、脉診が全ての基準となります。脉は刻一刻と変わる患者様の身体の内側の現在の状態を正確に反映していますので、脉の状態が良くなるような施術を行えば、身体は自然治癒力が働いて病気が治る方向に向かうと考えます。鍼を打つ前や一本鍼を打つごとに脉診し、常に患者様の「内なる身体の声」に耳を傾けながら丁寧に慎重に施術を進めていきます。鍼を打つツボは、微妙な刺鍼でも脉に大きな影響を与える施術ポイントですから、粗雑な刺鍼や深刺しは禁物だと考えます。言ってみればツボは刺激のポイントではなく、「気を補う」「滞りの原因を除く」といった情報を入力するキーボードのようなものであり、情報入力の際にキーを力いっぱい叩く必要はないということです。ですから、髪の毛のように非常に微細な鍼や、ときには全く刺さない鍼による施術でも、自然治癒力が高まり症状が改善に向かうのだと考えています。以上のように極めて低刺激の施術ですので、安静が必要な妊婦さんにも安心して受けていただけます。


経絡治療の歴史

 鍼灸治療は、約三千年前の古代中国に興り、日本には千数百年前の飛鳥時代に伝わったとされています。その後日本国内でも様々に変容し、明治時代に西洋医学が正当医療とされて一時衰退しましたが、昭和初期に柳谷素霊先生によって東洋医学の古典を見直す動きが興り、その後、井上恵理・岡部素道・竹山晋一郎の三先生の活躍により鍼灸界で大きな流れとなって復活を遂げたのが「経絡治療」です。経絡治療にも様々な流れがありますが、目的とするところは一致していますので、これは特定の流派というよりも一つの「ブランド」と言ってしまっても良いでしょう。当院が行う鍼灸施術も、この経絡治療の一つの流れを汲んでいます。


経絡治療が適応する症状

 鍼灸施術、特に経絡治療の施術は、もともと人間の身体に備わった自然治癒力を高めて機能を正常化するものですから、病を根本から癒して回復に導くことができます。鍼灸・経絡治療が適応する症状については、下記をご覧ください。

①肩こり・腰痛・膝痛・五十肩・ヘルニア・坐骨神経痛を始めとする運動器や神経の痛み症状。
②頭痛・片頭痛・顔面神経麻痺・三叉神経痛・脳梗塞後遺症等の頭部に現れやすい症状。
③眼精疲労・白内障・緑内障・結膜炎・麦粒腫・中耳炎・耳鳴・難聴・めまい等の目や耳の症状。
④不眠症・睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害。
⑤自律神経失調症・心身症・うつ病・パニック障害・過食症・拒食症等の心の病。
⑥高血圧・動脈硬化・糖尿病・慢性肝炎・胆石・慢性膵炎等の生活習慣に関わる病。
⑦小便が出にくい・頻尿・残尿感・排尿痛・尿漏れ・尿路結石・血尿等の泌尿器系の症状。
⑧自律神経失調症・心身症・うつ病・パニック障害・過食症・拒食症等の心の病。
⑨鼻炎・蓄膿症・喉の痛み・咳・風邪症候群等の呼吸器系の症状。
⑩アトピー性皮膚炎・花粉症・気管支喘息・食物アレルギー・金属アレルギー等のアレルギー症状。 
⑪リウマチ・膠原病等の自己免疫疾患、難病、原因不明の症状、癌治療の副作用。
⑫生理痛・生理不順・PMS・無月経・不妊症・子宮内膜症・子宮筋腫・更年期障害等の婦人科疾患。
⑬つわり・逆子・切迫早産・乳腺炎・等の産前産後のトラブル。
⑭夜泣き・夜尿症・チック症等の疳虫(かんむし)と呼ばれる小児神経症
⑮ 様々な難病・原因不明の症状・認知症予防・癌性疼痛・抗癌剤等の副作用

下の外部リンク「街ネタ・清水はり灸療院の口コミ」をご覧ください。多くの喜びの声をいただいておりますので、ご参考になればと思います。

※また現在「街ネタ」のサイトは閲覧は可能ですが、新たな書き込みなどには対応していません。
もし当院の口コミを書いて頂ける場合は、「エキテン」や「グーグル」など他のサイトのサービスにお願いいたします。

清水はり灸療院

ご予約・お問い合わせ 075-344-6377

臨床時間でも、それ以外でも、
どうぞお気軽にお電話ください!

メールでのご予約は承っておりません。

〒600-8357 京都市下京区大宮通丹波口通大宮東入ル柿本町595-165
JR京都駅からバスで約10分
診療時間:午前 9:00~12:00 午後 14:00~18:00
休診日:日曜日・祝日、水曜日午後
(祝日は開院していることが多いのでお電話でご確認ください。)

京都、玄米ご飯の 定食屋さん巡り
京都・洛中、子宝神社 子宝寺巡りの旅
街ネタ

清水はり灸療院の
口コミ

清水はり灸療院の Facebook

清水はり灸癒院の
Facebook