不妊でお悩みの方へ  

   いつも足が冷えていませんか?

     〜清水はり灸療院(京都市下京区)〜

冷え症も、不妊も、停滞した水を動かすことで温まり、やがて諸症状の改善へと向かうでしょう

 〜不妊症について〜
 産婦人科的には「妊娠を望み、2年以上夫婦生活を営んでいても妊娠に恵まれないもの」とされ、日本では、10組に1組のカップルが不妊症に悩んでいると言われています。女性側に原因がある場合では不妊のタイプは大きく分けて2つあります。それは原因の特定できる器質性不妊と、原因が分からない機能性不妊です。

・器質性不妊・・・卵管障害(卵管閉塞etc.)、排卵障害(卵巣機能不全etc.)、抗精子抗体(精子を異物と判断して起こる免疫異常)、子宮疾患(重篤な婦人科疾患、性感染症、人工妊娠中絶による子宮内膜の癒着etc.)などがあります。
 ※これらの中には鍼灸治療が不向きな場合もあります。

・機能性不妊・・・生理周期の不順、強い生理痛、強度の冷え性・むくみ・便秘、強いストレスなどが原因となっているものです。
 これには、患者様のお体の自分で治ろうとする力を高め、体質改善を図る鍼灸・経絡治療がとても有効です。
 ※強い生理痛のある方の中には、重篤な婦人科疾患が原因となっている場合もあります。

 〜不妊治療について〜
 NPO法人Fineの13年の調査では、不妊治療に100万円以上払った人が回答者の過半数を占め、3人に1人は200万円以上支出されているようです。不妊治療は、タイミング法→人工授精(1回3万〜5万円)→体外受精(1回40万〜80万円)とステップアップしていきます。
 40代で良い卵子が採れる確率は10個に1個か、それ以下だとされますが、「やるかやらないか」「やらないと可能性は0だ」ということで、まるでギャンブル依存症のように不妊治療から逃れられなくなっていくわけです。

 「何度不妊治療を繰り返しても妊娠に至らない」または「妊娠しても流産してしまう」、そのような状態で、不安の中で不妊治療を続けるより、まず妊娠しやすい身体をつくることから始めてみませんか?
「不妊治療が有効となる身体づくり」には、当院の行っているような鍼灸・経絡治療がきっとお役に立てるはずです。

 〜不妊症と婦人科疾患〜
 重い生理痛・生理不順、重篤な婦人科疾患(子宮内膜症・卵巣嚢腫・子宮筋腫etc.)の方は、それだけで日常生活に大きな負担となり、生理が来るのを憂鬱に感じておられる方も多いと思います。「器質性不妊」の一部は、婦人科疾患が原因となっているケースが多くあります。
 こういった様々な婦人科疾患や、冷え性・低体温、不妊症・不育症、無月経、習慣性流産、切迫早産などには、東洋医学でいうところの「血虚」や「腎精不足」、「気虚」、「陽虚」、「於血」、「水毒」などの状態が関わっており、気・血・水を動かしてその流れを正常にしなければ根本的な治癒に至らないことが多いのです。そしてまた、多くの医薬品は「水毒」の原因となり、その効果も限定的であり、対症療法に留まるのが現状です。

 だからこそ、患者様のお体に元から備わっている「自分で治ろうとする力」を高めて体質改善を図る鍼灸・経絡治療は、試してみる価値があると思うわけです。

 〜ストレスと不妊と鍼灸治療〜
 不妊の大きな原因の一つはストレスです。ストレスは全身に血流障害を起こしますが、妊娠適齢期の女性においては、骨盤内の臓器(子宮や卵巣を含む)に起こる血流障害が、生理不順や生理痛、様々な婦人科疾患の原因となり、ひいては不妊の原因となります。

 さて、鍼灸治療の効果としてよく言われるのが自律神経やホルモン環境を安定化させるというものです。自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、そのうちの副交感神経の作用を高めれば血管が拡張して血流が良くなり、それは腺細胞を栄養することで女性ホルモンや他の様々なホルモンの分泌にも良い影響を与えることにもつながります。

 また、鍼灸のストレス緩和効果にオキシトシン(信頼ホルモンとも呼ばれる)が関わっていることが最近わかってきました。女性ホルモンのエストロゲンはこのオキシトシンの作用を強め、プロゲステロンはオキシトシンを弱めるとされます。つまり、鍼灸の抗ストレス効果で重要な役割を果たすオキシトシンは、女性の生理周期に関与し、これを安定させる作用も期待できると言えるわけです。

 最近わかってきたことですが、セロトニンやドーパミンといった神経伝達物質の前駆体は腸内細菌がつくり、それが身体の様々な場所(神経伝達物質なので最も多いのは脳内)に運ばれて分泌され、なんと表皮細胞ケラチノサイトでも分泌されているそうです。だから、不安な時に触れられて安心するというのは、脳内で分泌される幸せホルモン(セロトニン)や信頼ホルモン(オキシトシン)が皮膚でも分泌されていることに由来すると思われます。鍼灸やマッサージの癒し効果とはこういうものだと考えます。
 これらのことは、「機能性不妊」への鍼灸治療の有効性を裏付けるものだと言えます。東洋医学に基づく経絡治療なら、なお効果は高いと考えます。


 〜美容と鍼灸について〜
 美容鍼と言えば、最近では女性誌などで、橋本マナミさん、菜々緒さん、スザンヌさんなどの有名芸能人がはまる美容法としてお馴染みですが、その記事の多くは顔中にハリを刺しまくるハリネズミ状態の写真とともに掲載されており、痛みやトラブルが心配で二の足を踏んでおられる方も多いと思います。実際そのような「ハリネズミ美容鍼」では、出血や内出血といったトラブルの事例も中にはあるようです。

 さて、当院の行う経絡治療は、生理痛や婦人科疾患の症状を改善・治癒させるとともに、美肌・むくみ取りなどの美容効果も出てきますが、これは内側から美しくなれる本当の美容鍼灸だと言えます。上で書いたように、癒しに関するホルモンが皮膚でも分泌されていることにも注目です。
 
 しかし、そればかりでなく現在当院では、希望者に撫でるだけ刺さない鍼による「美顔鍼」も実施しています。これは金属の棒のように見える古代鍼(テイ鍼・円鍼etc.)を用いた施術ですが、全身の気血の流れを調整する経絡治療と一緒に施すことで、むくみが取れて小顔になる、シミ・しわが薄くなる、化粧のノリが良くなるなどの驚くべき効果を発揮します。しかも痛みは全く無く、出血や内出血などのトラブルも一切無い施術で、通常の施術に数分の美顔術をプラスするだけです。したがって追加料金もいただきません。希望される方はその旨をお伝えください。

 人間は、顔の「表情だけ」笑う形をつくったとしても、それによって気分が上がったり楽しくなったりします。笑えば免疫力も上がります。当院の美顔鍼は、円鍼やテイ鍼で撫でて気血の流れを良くするものですが、撫でる方向によっては表情筋に口角を上げる動きを定着させる働きもあると考えています。また鍼灸の全身治療には、抗ストレス作用のある「信頼ホルモン」「幸せホルモン」と呼ばれるオキシトシンの分泌を促す働きもあります。全身治療である経絡治療の「本治法」と美顔鍼のコンボは、おそらく最強の美容鍼灸なのです。

※ 「美顔鍼」は化粧の上から施術できますので、あらかじめ化粧を落としていただく必要もありません。

不妊・婦人科疾患の治療、妊婦さんの治療も、美顔鍼の効果も、患者様の率直な感想を参考にされたい方は、
清水はり灸療院の口コミサイトへどうぞ



 〜女性の未病〜
 現在多くの女性がうったえる「なんとなく調子が悪い」「だるい」「肩こり」「腰痛」などは、まだ病気とはいえない段階の「未病」ですが、経絡治療なら脉診などの診断と適切な治療により、「於血」や「水毒」に関わる重大な疾患を未然に防ぐことができます。不自然ではない、自然な形での治癒を希望される方にお勧めいたします。
 
 〜睡眠の質の問題〜
 昼間に活動して夜に眠るという体内時計のリズムをつくり出すのに必要なホルモンがメラトニンです。このメラトニンは性ホルモンの分泌にも深くかかわっているようです。不妊に関する問題を解消するカギは「眠りの質」にあるのかもしれません。人間の身体は夜深く眠っている間に修復されていくと言われています。眠りが浅いとその効果も出てきません。眠れない方、あるいは睡眠時間は多いのに疲れが取れないという方、陰陽バランスを整える経絡治療で心地よい眠りを取り戻してみませんか?
 また、血中の脂質は夜寝ている間に燃焼されることはご存知でしょうか。美容と健康に重大な影響を及ぼす「眠り」の問題を解決しておきませんか?

 子宮内膜症などで、お体に内出血を繰り返されると、それが「於血」となり、これによって体内の「水」が動きにくくなり、冷え・低体温、婦人科疾患の悪化などが起こっていることがあります。正気を補って、「於血」を除くための鍼治療をさせていただくことはもちろんですが、一般の患者様より生活習慣に特に留意していただくことが必要となります。「於血」は事故、手術、出産・流産、持続的ストレスでも形成されます。
 頭痛・生理痛の痛み止めを多用すると、骨盤内の血流を阻害し、冷えと婦人科疾患を悪化させる要因となります。これらの薬は湿邪(水毒)に分類されます。薬との関係については医療と癒しの相関図
 ※治療は患部・病変部に対して直接施術しなくても、「遠隔部位の施術だけ」でも治癒に導ける例も多くあります。
 詳しくは
当院の治療法へ。

 ストレス、睡眠不足・昼夜逆転、肉食・油もの、甘いもの・陰性の食物、冷飲食、体の冷やしすぎ・・・にご注意ください。これらも於血や水毒・痰湿の原因となり、冷えに結びつきます。
 入浴法、運動法、食事法、冷え対策・・・について診療中にアドバイスさせていただきます。食事法については特に、下記リンク「古典鍼灸の効用」に書いています。
古典鍼灸の効用

※経絡治療の真価 3 〜脈状を変える〜
トップページへ 治療に関するお問い合わせ→


京都・洛中、子宝神社、 子宝寺巡りの旅  京都市内の子授け・安産のご利益のある神社・お寺を、紹介しています。縁起・ご利益、最寄の交通機関・アクセスなど。子宝・安産の最後は神頼みですが、鍼灸はためしてみました?

京都・玄米ご飯の 定食屋巡り 玄米は相対的に「陽性」の食物で、体を温めてくれます。不妊・不育の方にも良いのでは?そんな玄米のご飯を食べさせてくれる定食屋さん、レストラン・カフェを紹介しています。

 下記アクセスランキングに参加しています。当サイトの全てのページや、姉妹サイト(玄米、神社・寺)の中の情報が参考になったり、面白かったり、という方はどうぞ1つずつワンクリックお願いします。

不妊・未妊サイトなび