妊婦さんに
 お勧めします!

      〜清水はり灸療院
(京都市下京区)

助産所・産婆さんでも産める「安産力」をつけていただくために

 産科から撤退する病・医院が増えています。無事出産を終え、元気な赤ちゃんをこの手に抱くことはできるのかと不安を感じておられる妊婦さんは多いのではないでしょうか。
 安産は誰しもが願っていますが、皆が皆安産とはいかないのが現状です。難産になりやすいのは妊娠前から重篤な婦人科疾患のあった方が多いようです。晩婚化が進み、出産できる環境が整った時には、初産が高齢出産だということも当たり前になってきました。

 そんな時、自然治癒力・生命力を高める経絡治療なら、婦人科疾患があってもその影響を極めて少なくし、妊娠中の母体(母胎)を安定させ、三陰交の安産灸なども駆使して安産体質になっていただけると考えます。
 逆子の可能性があれば矯正し、切迫早産のリスクがあるなら低減し、逆に予定日を過ぎても産まれない場合は自然な陣痛に導き、”つわり”などの不快症状も解決し、そうして安産を目指しませんか?
 当院は、ぜひ貴女にも、助産院やも自宅でも産めるぐらいの「安産力」を付けていただきたいと思っています!

 また、妊娠中の服薬は特に不安ですよね。妊娠中の症状(元からあった症状も含めて)を薬に頼らず治したいという方もぜひ当院へお越しください。不自然ではない、自然な形での治癒を希望される方に、経絡治療をお勧めします。

 ところで、妊娠中の母親にかかるストレスは、生まれてくるお子さんの重篤な病につながることがあるそうです。古代中国の古典にも「胎毒」として記されています。そこには精神疾患の一部のことが書かれていますが、アレルギー疾患の原因にもなっているかもしれません。妊婦さんのストレスの除去は、ストレス緩和効果のある鍼灸治療にお任せください。古典鍼灸治療(経絡治療)は、オキシトシンという信頼ホルモン(抗ストレスホルモン)の分泌を促すことができるため、お母さんの心の安定と元気なお子さんの誕生を、ともに応援できるのです。

 さらに、妊婦さんにかかるストレスが産まれてくるお子さんの健康に影響するなら、妊娠中の服薬や食事も影響する可能性は大いにあるでしょう。当院ではそういった部分も、適切なアドバイスをすることでケアしていきたいと考えています。

 ※現在、希望者には撫でるだけの刺さない鍼による「美顔鍼」も実施しています。
 妊娠中は気血を赤ちゃんに回さないといけません。よって、その分お母さんの身を削るような作用が無いとは言えません。ですから、お母さんの美と健康が損なわれないよう、そちらの方面も「美顔鍼」でケアしていければと願うわけです。
 通常の治療に数分の美顔術をプラスするだけですので、追加料金はいただきません。希望される方はその旨をお伝えください。


※”つわり”もご相談ください。これも「はり・灸」の領分です。

※逆子を矯正するお灸もあります。8ヶ月過ぎても戻らなかったらご相談ください。

 晴れて誕生を迎えたら・・・痛くない小児はりで夜泣き知らずの子になりませんか? お問い合わせのメール

※不妊・婦人科疾患については、不妊症・不育症の方へへどうぞ